本物素材

  • 耐久性 ★★★
  • 型の強さ ★★★
  • 防水性 ★★★
  • 軽さ ★★
  • 光沢 ★★

  • 耐久性 ★★★
  • 型の強さ ★★★
  • 防水性 ★★★
  • 軽さ ★★
  • 光沢 ★★★

  • 色と素材は
  • 3種類。
  • こだわりは
  • 3箇所。
  •  

  • 皮を革にする
  • 職人技は
  • 天然素材との
  • 付き合いです。
  •  

牛革

牛革が漂わせる自然の風合いと重厚感

  • 使い込むたびに良さが深まっていくのは、牛革の最大の魅力です。しかも、品質の高い牛革は、とても丈夫でちょっとやそっとの傷では痛みません。少しずつ、なじんでいくから、いつの間にか傷ではなく、風合い深い革へと変化していきます。
  • 高学年になっても、まるで新1年生のようなピカピカでは、少し恥ずかしいこともあるかと思います。使い込んで小学校生活を一生懸命頑張った証として、ランドセルの風合いは目に見える良さだと思います。
  • 「子どものために牛革?」と、気負いされる方もいらっしゃいますが、ランドセルに牛革を使うのは見た目だけではありません。丈夫な素材の特徴と風合いがあり、本物の素材を使用して革の良さはもちろん、モノを大切にする気持ちをお子様に伝えたい思いがあるからです。

ページトップヘ

コードバン

コードバンの触り心地に惚れ惚れ

  • コードバンとは?とっても丈夫な馬のおしりの革のことです。傷がつきにくく、美しい光沢が魅力のコードバンは、紳士用の高級靴やベルトなどで使用されています。6年間、毎日使うランドセルだからこそ、最高の素材を用意したいと思い取り入れました。緻密な繊維構造をもつコードバンは、1頭の馬からランドセルのかぶせは2個分しか取れない貴重な革です。原皮はフランス産で、国内のタンナーが革に加工します。傷のつきにくさにおいて、牛革の3~4倍と言われています。
  • コードバンは、軽さに関しては牛革に劣りますが、それ以外の点では優れています。触り心地は抜群です!
  • 丈夫で傷が付きにくいけど、貴重な素材…ということはわかっていただけましたでしょうか?
  • その素材の特徴もそうなのですが、とにかくさわり心地がツヤツヤなんです!
  • この触り心地は、是非カットサンプルでお試しくださいませ!

ページトップヘ

金具

デザインによって、金具の色を選んでいます。

  • イメージの段階では、例えばシルバーだったとしても、実際にランドセルができあがってくると「あ、ブロンズのほうがいいかも!」となると、ブロンズに変わったりします。
  • ランドセルの顔でもある、かぶせとベロをつないでいる「かしめ」です。この金具には色はもちろん、デザインにもこだわっています。基本的には、鞄工房山本のロゴがあしらわれていますが、2010年に登場したアーガイルには「コンパス」柄のかしめデザインが使われています。これ、なんとアーガイル専用!アーガイルのデザインには、ロゴではなくコンパス!いつもお世話になっている金具屋さんにお願いをして何度も試作をし、今のデザインができあがりました。
  • また、女の子用ランドセルのフィオーレにも、特別なかしめが使われています。
  • ランドセルにとって、時に大事なつなぎであり、時に大事なアクセントになる。
  • どっちにしろ、大事なんですけどね!小さな金具、見えない金具にも時間をかけて検討し納得いくまで繰り返します。こだわりいっぱいの山本に、いつもお付き合いいただく金具屋さん、ありがとうございます!!

ページトップヘ

タンナー

いい革には、いいタンナーさんあり!

  • タンナーさんとの信頼関係が、すべてに影響するのが革仕事です。本革を扱う鞄工房山本にとっては、本当に大切な存在。いい革でランドセルを造れているのは、タンナーさんのおかげでもあります。本当に、いつもありがとうございます!

ページトップヘ

鞄工房山本のランドセルはオンラインショップからもご購入いただけます