奈良のこと その1

奈良県、橿原市。
大和三山のひとつでもある、天の香久山の南麓に位置する鞄工房山本はとても歴史に名の深い地域にあります。
万葉集に持統天皇の歌で、「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」(巻1-28)
古事記にて、天照大神が幽居した天の岩戸神社まで、ほど近く。
「天」に縁のある、地域なのです。
橿原神宮には、日本の第一天皇でもある神武天皇と、その皇后である媛蹈鞴五十鈴媛命を祀っています。明治23年に創建、神武天皇が即位した橿原宮跡に鎮座しています。
奈良時代(8世紀)に聖武天皇が建立した寺院。
奈良といえば“大仏”というぐらいにメジャーな大仏さんがいらっしゃいます。
とにかくデカい。その大きさには何度見ても驚かされます。
お水取りで有名な二月堂もまたステキなスポットです。
ここから見る夕日は格別です。
平城遷都の710年に創建された寺院。
境内の国宝館には仏像ブームに火をつけたあの阿修羅像率いる
乾漆八部衆立像8躯など数々の国宝、重文の仏像が並びます。

全国にある春日神社の総本社。768年に創建されました。
鹿島の神様が白鹿に乗ってやってきたことから、鹿が神使とされます。
本殿までの砂利道はとても厳かな雰囲気で心が清められます。
とってもかわいい鹿さんですが、
鹿せんべいをあげるときは気をつけてくださいね。
好物なので喜んで寄ってきますので小さいお子様はご注意ください。
公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっています。公園のあちこちに天然記念物の奈良の鹿がいます。

鞄工房山本のランドセルはオンラインショップからもご購入いただけます